陸上生活が楽しくなる方法

陸上生活が楽しくなる方法。2つご紹介します。

①なんでもいいから1番になる

私の場合は「陸上」でした。小学校の時、年配の先生に

「なんでもいいから、自分が1番になれるものを持ちなさい。」

と、真剣な顔で卒業式の日に言われまた。何となくそれが、ずっと気になっていました。1番になったら、なんだろうって。でも、今はっきりわかるんですけど自信がつくようになります。1番になることによって誰かの役に立てるようになります。大変ありがたいことですが自分に憧れて入学してくる子もいました。

結果として1番が無理なら、チームの中で「この練習では1番になる」とか「1番に、グランド入りする」とか足が痛いなら「1番、体のケアをしている」とかでもいいです。

なんとなく陸上競技に取り組むのではなく、とにかくこだわりを持って日常を過ごすことが大切なんです。

②自分のことを自信をもって好きといえるようになる

私は、陸上を通して自分が好きになりました。こだわりをもって練習をしてきて、それが結果に繋がると自分が好きになっていき、毎日がキラキラしてきます。キラキラして些細な毎日が、より楽しい。

先輩や後輩にも「スライムさんは、いつも楽しそうに走りますね~♪」と言われていました。実際楽しいんですけどね。

楽しいと言えるまで、大変な苦労だと思いますが、陸上競技は8割辛いことや我慢。残りの2割が結果がでて楽しいという感覚です。でもその2割のために1年間泥臭い練習を頑張る。それだけ陸上競技には魅力があります。

「楽しい」と言えるまでに時間がかかるかもしれませんがこだわりをもって練習に取り組む。自分を好きになる。是非、実行してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です