部屋の状態=心の状態

dav

今日は、心と体は繋がっています。というお話をさせていただきます。偉そうですけど、これは、陸上をしてきて間違いなく感じました。

心が乱れているとき、つまり陸上でいうと足が痛いときはなぜか部屋が荒れてきます。部屋が汚いときは、必ず足が痛かったです。

身近な環境は、自分の心の状態

大事な大会に行くときは、寮の部屋であっても、遠征先、ホテルを使わせてもらう時も必ず整えてからでます。強い選手(世界大会出場選手)も同じようにしていると言っていました。また、遠征先のカバンの中もきれいに整っています。取り出したいTシャツ、靴下や小物きちんと分類されています。今でも、出張先でホテルを使うときは二度と戻ってこなくてもベットメイキングを最低限してからチェックアウトします。普段、何か大事なプレゼンがあるときも、部屋をきれいにしてから仕事に向かうようにしています。

物からもいい波動が出る

宗教ではないのですが、脱いだものをそのままにしておくと、よくない波動がでます。逆に、きれいに翌日着るものを準備しておくと、いい波動が服からでるそうです。花もきれいな言葉をかけると長持ちするというように、波動は伝わるそうです。身の周りを整えるということは、そういうことかもしれませんね(^^)下の写真は、大学の頃(寮)の部屋です。椅子用の靴下が落ちてる・・。(笑)

SIMPLE BOX|シンプルなカラーボックス風収納

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です