強い選手の共通点(高校)

私が初心者で入学して、初めて見た凄い選手。3年のボンバ先輩と2年のリリー先輩。

他の選手と何が違っていたのかというと・・。3つあります。

①競技面:陸上を楽しんでいる

これは、ボンバ先輩が特に凄かったです。

ボンバ先輩は、県の記録保持者です。心から「走る」ということが好きな姿勢はピカイチ。とにかく楽しそう。どんなにきつい練習後も、ニコニコさんでした。私はそんな先輩にす~っと吸い寄せられていきました。

あるフリーのjogの日。自由に走って別にどこに行ってもいい日です。ボンバ先輩なかなか帰ってこない日があり、皆が心配していました。でも、何事もなかったかのように、必ずニコニコさんで帰ってきます。もう、頻繁に多発するので「あ~、いつものことね。」ってなりましたが(笑)

「楽しそう」というのは私は何においても究極だと思っています。だって、楽しそうな人の近くにいたいし、楽しそうな人って見ていてこっちも楽しくなるし。とっても魅力的ですよね。

②私生活:後輩への愛情が深い

ボンバ先輩もリリー先輩もとにかく、面倒見がいいです。先輩自信が感じている「こうしたら強くなる」とか、監督に対する悩みがあるときも「こういう風に説得したほうがいい」とかアドバイスをくれます。人を選ばずに、どんな後輩にも、質問を受けたら必ず答えてくれます。

兄弟かな・・。お姉ちゃんかな?なんて思うくらい情報発信をしてくれました。有益な情報は惜しみなく、自分だけのものだけにせず、アドバイスをくれる先輩方でした。

ポイント練習はついていくので必死ですが、jogの日はなるべくボンバ先輩を誘いました。速くボンバ先輩に近づきたいなとも思っていましたが、何より楽しそうな人は単純に尊敬します。そんな先輩が大好きでした。1年生の後半は特に近づいていました。なぜかというと、限られた時間しか一緒に競技ができないから。がんがん近づく私を、いつもニコニコで受け入れてくれるようなボンバ先輩でした。こんな凄い選手と一緒に部活ができるってホントに貴重な1年でした。

同じチームから外れてお互いに違うチームに属していても、ずっと先輩でいてくれてアドバイスをくれるっていうのは本当に感謝でしかないし、素晴らしい財産になります。

③私生活:プラス思考・謙虚

二人とも、故障がほとんどなかったので常に走れていたということもあり、困難な状況が少なかったのですが「なんとかなるさ思考」が強かったし、ポジティブでした。

それに加えて、県代表の二人だから地元のテレビや新聞で取材を受けることがあってもしっかり謙虚に話せる。自分の考えをしっかりと話すことができて、今後の目指すべきところもすぐに明確に話していました。

テレビでフィギュアスケートの選手インタビュー、柔道の選手インタビューどれを見ていても本当にキラキラしていて、しかも年齢は幼くても大人顔負けのことを堂々と話していますよね。私は競技より、そっちのほうが何となく共感する部分があって楽しみに見ています。

そして結果を出す選手は最後には、感謝の言葉をしっかり言っています。感謝の気持ちが人一倍強いと結果を出す力も比例して強くなると思っています。

ステップアップしていっているなら、謙虚な気持ちは一緒に持ち続けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です